家を売却するときの査定額について - 家売却【高値で売るノウハウとは?】

家売却【高値で売るノウハウとは?】 > 家を売却するときの査定額について

家を売却するときの査定額について

様々な事情によって家を売却することを考え始めたらまずは家がどれぐらいで売却することができるのかという事を知る必要があります。
そしてそのためには家の査定を行うという事が必要です。
また家を売却する際に不動産と媒介契約を結んで依頼をするという方法が一般的な方法として取り入れられてますから不動産業者を探すのにも査定をしながら比較をするという方法もお勧めですね。

また家の査定額は実は定まっていません。
基準はありますが不動産会社によって異なりますし、大きく金額が変わってくるケースもあります。
ですから1つの不動産業者のみで査定を行うとその価格ということしかわかりませんが、複数の不動産業者で査定を行うことで複数の査定価格を知ることができます。
そしてそれにより複数の査定価格から比較をすることが可能となってくるのです。

不動産の査定の方法にはいくつか種類があります。
一つ目が原価法という方法で、再調達した場合の原価をもととして不動産の査定を行うという方法です。
主に一戸建ての査定時に使用される方法です。

そして取引事例比較法という方法もあります。
これは過去の取引事例などから売却額を算出する方法です。
取引事例と今回の物件を比較しながら算出していきます。
不動産業者によっては一戸建ての査定を原価法と取引事例比較法算出するケースもあるのです。

また収益還元法と呼ばれる方法もあります。
この収益還元法は対象となる不動産がこれから生みだすと考えられる金額の予測により価値を算出するという方法です。
これは主に賃貸マンション、賃貸アパートなどの査定に使われます。