家の売却における築年数の関係性について - 家売却【高値で売るノウハウとは?】

家売却【高値で売るノウハウとは?】 > 家の売却における築年数の関係性について

家の売却における築年数の関係性について

家を売却するときに家の価格を定めるにあたって色々な事柄が関係してくることとなります。
その関係してくる事柄のうちの一つに、家の築年数があります。
家の築年数によって家をどのぐらいの価格で売却することができるのか、という事が決定するんですね。

家を売る際には建物自体と土地を売るということになります。
ですので土地はその地域の土地を参考にして決定することができますが、建物はどれぐらいの価値が残っているのかという事で決定します。
ですのでやはり築年数が浅いとまだまだ建物には価値が残っている状態になります。
でも一度人が住んでいるので新築と比べると大きく金額に差は出ることになります。

ですがそれでもやはり家を売るのであれば築年数が浅いに越したことはありません。
なんと建物って築年数が10年を超えると評価は0になってしまいます。
評価はポイント数で決定するのですが、築年数があまりにも古いとなるとマイナスの評価がついていってしまうことになります。
つまり築年数が10年まではプラスのポイントでつけることができたのですが、10年たつとプラスマイナス0、そしてそこから段々とマイナスのポイントがついていってしまうのです。
ですので築年数が10年経過している物件ですと、売却する際にはほぼ土地の値段のみということになってしまうんですね。

築年数10年は一定のラインとして考えられていて10年経過するとどうしても一気に価格が下がってしまうようです。
ですから家の売却を考え出したのが築年数10年未満であれば、事情もあるかとは思いますができるだけ早く売った方がより高い金額で売却することができます。