家を売却する際の手数料について - 家売却【高値で売るノウハウとは?】

家売却【高値で売るノウハウとは?】 > 家を売却する際の手数料について

家を売却する際の手数料について

家を売却するとその売れた価格をそのままもらうことができるというイメージがあるかもしれませんが、それはありません。
実は家を売るにしても手数料を支払わなくてはいけないのです。
ですので家が売れた価格から必要な手数料を差し引いた金額が手元に残るということになります。

まず家を売る際には印紙税がかかってきます。
この印紙税は売買契約を結ぶときにその契約書に印紙を貼る必要が出てきます。
その印紙にかかる費用が印紙税なのです。
郵便局などで販売されている収入印紙代のことですね。
買主と売り主にそれぞれ契約書を1通ずつ作る際にはそれぞれに印紙を貼る必要があるので2通必要です。
家の値段によって印紙税の価格は変わってきます。

それから家の売却にかかる費用として仲介手数料があります。
この仲介手数料は仲介会社を通して物件を売却した場合に、その仲介会社に対して支払う必要がある費用です。
基本的には仲介する不動産業者が仲介手数料の金額を決めることができます。
ですが上限は決まっています。
その上限が取引価格×3%+6万円+消費税という計算で算出できます。
それ以上の手数料を取られることはありません。

それからまた他には抵当権抹消登記費用も必要となります。
登録免許税と司法書士へ支払う費用が必要になります。
他にも事務手数料として、残っていた住宅ローンを一気に返済する際に住宅ローン繰り上げ返済の手数料がかかります。
またもちろんですが、住宅を売却するときにまだ住宅ローンが残っているという場合にはそれを一括で返済する必要があるので注意が必要です。